カタカナマン

書店で何気なくポケミスを一冊手に取り、巻末を見たら面白いことが書いてあった。「村上春樹レイモンド・チャンドラーの『長いお別れ』を再訳し、『ロング・グッドバイ』として3月に発売される」というのだ。多分買う。そして多分なかなか読まない。
村上春樹氏は『ライ麦畑でつかまえて』の再訳のときも『キャッチャー・イン・ザ・ライ』とタイトルが変わった。氏がリメイクすると原題カタカナタイトルになるという決まりになっているのなら面白いと思う。

何だか本当にありそうな気がするから不思議だ。

*1:ただ、これは五木寛之が怒りそうなので難しいかも。